pains chambelland

シャンベラン パン

シャンベラン®の提供するパンは全てオーガニック*で、グルテンフリー、自然酵母で発酵させ、米粉やそば粉をベースに作られています。美味しいだけでなく、非常に高い栄養成分値を誇る、体にやさしいパンです。伝統を大切にしながらも技術的イノベーションを取り入れたシャンベランのパンは、丸パンやバゲットのような本来のフォームではなく、「ランゴ・グルマン(グルメなインゴット)」と銘打たれた平たい長方形に進化させました。シャンベランのブランジェリー部門は、同じものを真似するのではなく、本来のパンの概念を変えるようなイノベーションに賭けたのです。*「エコサート」認証

 

ラインナップ

パン・デュ・ヴィラージュ(田舎パン

シャンベランの「パン・デュ・ヴィラージュ」は、ナチュラルにこだわったパンです。玄米粉とそば粉をベースに、濾過水と米麹酵母、生イースト、オリーブオイル、塩を使用しています。

カリっと香ばしいクラスト(表皮)と、繊細に香り立つクラム(中身)が、完璧なハーモニーを奏でます。食事に合わせたり、タルティーヌにして、お楽しみください。

パン・オー・サンク・グレン(5種の穀物パン)

シャンベランのベストセラー商品「パン・オー・サンク・グレン」は、シャンベランの最も得意とするパンのクラストに、ごま、ヒマワリの種、けしの実、ブラウンフラックスシード、ゴールデンフラックスシード(アマニ粒)をちりばめたパンです。
パン・オー・サンク・グレンはどんな食事にもピッタリ。栄養成分値の面からも非常に魅力的な逸品です。

アスリート・ブレッド

シャンベランの「ル・パン・デ・アトゥレット(アスリート・ブレッド)」は、ヘーゼルナッツとドライイチジク、ドライアプリコット、ドライレーズンがたっぷり入った、腹持ちのいいパンです。
美味しくエネルギー補給をしたいアスリート向けに開発されましたが、甘辛い料理にもピッタリ。特にフレッシュなヤギチーズとの相性は抜群です。

レ・シャンベリーヌ

レ・シャンベリーヌは、パン・デュ・ヴィラージュをミニサイズにしたパンですが、プレーンと、5種の穀物パンの2タイプをご用意しています。
薄く、持ち運びやスナッキングに便利な大きさのレ・シャンベリーヌは、カフェタイムや食事、チーズのお供に、一日を通じてお楽しみいただけます。ホームメイドのサンドイッチにも最適なサイズです。

フォッカッチャ

プレーン、けしの実、ゴマ、カラマタ(ギリシャ)のブラックオリーブ、ピサラディエール風など、米粉ベースで作られたシャンベランのフォッカッチャは、本場イタリアのフォッカッチャに負けない美味しさです。
軽くトーストすれば、軽い食感とモチモチ感、そして香ばしいクラストがより引き立ち、アペリティフや前菜にもピッタリです。

パン・ドゥ・シュクル

オレンジフラワーウォーターがほのかに香り立つパン・ドゥ・シュクルは、オレンジピール&チョコチップ入り、またはバニラレーズン入りの、シャンベランでしか味わうことのできないパンです。米粉で作られたパンはもっちりとした食感で、ブリオッシュパンやカヌレ、まだ温かいパン・ペルデュ(フレンチトースト)を思わせる味わいです。一度食べたら虜になること請け合いです。

パン・オー・カカオ

パン・オー・カカオは、米粉とそば粉に、苦みのあるカカオパウダーを混ぜ合わせた、繊細な仕上がりのパンです。香り立つカカオの風味は心地よいながらも主張せず、まるでガトー(ケーキ)のような風格を与えています。重めの朝食に、そしてエネルギー補給のおやつに最適です。

アレルギーをお持ちですか。?

原材料に注意してみてください。

米粒からパンまで

米、多くのメリットに恵まれたシリアル

シャンベラン誕生の根底にある革新的なコンセプトのなかには、ひとつの確証がありました。世界で最も食され、古代から継承されたグルテンフリーのシリアルである米は、まだパンへの応用はないものの、様々な可能性を秘めた宝に他ならなかったのです。

長い研究の結果シャンベランは、オーガニック農法で育てられた、破損のない全粒ジャポニカ米を選択し、無添加・グルテンフリーのパンが誕生しました。最大の利点は、ジャポニカ米の育成地はポー平原(イタリア北部)と地理的にも近く、季節に合わせた収穫を可能としただけでなく、運送にかかるカーボンフットプリントの削減にも成功したのです。

エネルギーの高い米には主要栄養素がぎっしり詰まっており、グリセミック数値も低いことから、腹持ちがいいことで知られています。地球に優しいだけでなく、健康にも良いうえ、味わいも繊細です。生地からはクマリンの芳香がほのかに香り立ち、デリケートな風味を与えています。

シャンベラン製粉所について

 

グルテンフリー、無添加、オーガニックの原材料を使用したシャンベランのパンは、香りや味わいが良いだけでなく、栄養成分値も高く、持続可能な開発にも貢献しています。シャンベランの夢はこうして、「米」によって叶えられたのです。

シャンベランのパンづくり

パンに賭ける

イノベーションあふれるシャンベランのパンづくりですが、その根底にあるのは勿論、パンづくりの伝統。そこには、パンづくりの基本中の基本であり、変えることの許されない数式「粉+水+焼き」があります。

シャンベランのパンづくりの独自性は、天然イーストを使ったパンづくりの伝統的ノウハウと、今まではパンづくりに向いていないと思われていた米粉を使った技術の融合にあります。

 

未だかつてないパンづくりの工程を打ち立てるために化学分野の知識を駆使し、こうしてシャンベランの誇る、存在感たっぷりのクラスト(表皮)と、発酵し口当たりの柔らかなクラム(中身)を併せ持ったパンが誕生したのです。

そこから、シャンベランのクリエイティブな才能が一気に開花します。

「前置きにあるのは、ブランジェリーの歴史的かつ象徴的なメチエ(仕事)です。そこに私たちの米への情熱が加わり、パンへの愛情が相まって、やがてシャンベランが誕生しました」 トマ・テフリ=シャンベラン

パン、米、そして人間

グルテンフリーの粉を発酵させるためには、特殊なノウハウが必要です。他に類をみない独自のレシピ、特別な工程、本のような形に成型されたパン… ものづくりへの情熱を絶やさないシャンベランのスタッフにとって、お客様に高い品質と喜びを提供できることが一番の誇りです。